ブログ

セーラームーンになりたい

単に私が昨晩寝る前に考えていたことを綴っただけの長文

 

最近、お酒を飲んだ夜は怖くてなかなか眠れないんです。

それは別に霊に取り憑かれてるとか、病んでるとか、そういうのじゃありません。

翌日二日酔いになるのではないか、という恐怖から眠れないのです。

 

というのも、私はこれまで幾度となく、二日酔いを引き起こしていました。

その原因は、家に着いて3秒で床に転がって寝たことによるものです。

 

これではいかん。

 

そう思い、これまで「ノ・ミカタの摂取」「大量の水の摂取」「酔いが冷めるまでユーチューブをみる」など様々な実験を重ねてきました。

 

その結果、「家に着いたら水のペットボトル1本と、ノ・ミカタを飲む。そして確実にお風呂に入り、あがったあとはしばらくユーチューブをみてから寝る」という、単に全て組み合わせただけのミッションを自分に課すことになりました。

 

その効果は、案外絶大でした。

 

 

が、しかし。

 

幾度となくミッションを成功させていくうちに、ついに限界突破した私は、ミッションの物足りなさを懸念し、眠れなくなったのです。

 

「ここまで対策したのに、それでも二日酔いになったら私はどう生きればよいのか」

 

そういった不安と疑問が脳内をかけめぐり、強迫観念にかられた昨晩の私は、「笑ったら寝ろ」系のおもしろGIF動画をめっちゃくちゃみました。

 

しかし、まとめサイトのGIF動画はもうかなり見尽くしているので、ぜんぜん笑いません。

 

笑っていないし、酔いも冷めたかどうかわからない私は、まだ眠れませんね。

 

ユーチューブをみようかな?と思いました。

 

でもWi-Fiに繋ぐのが面倒臭かったのでやめました。

 

いつもホイホイ繋ぐのに、昨晩は面倒臭がったことから、きっとこの時点ではまだ酔っていたのでしょうね。

 

あともうひとつ、懸念点がありました。

 

それはハイボールを飲んだことです。

 

わたしはウイスキーが結構苦手。からだに合わない。(私調べ)

 

いつもビールから始まりビールに終わるので、ちゃんぽんしていなかったのですが

昨日は周りが全員メガハイボールだったので、ついついそのジョッキが気になってメガハイを飲んでいたんですよね。

 

「ちゃんぽんしたしウイスキー摂取したのに、いつもと同じミッションで良いのだろうか」

 

そう考えだすと、もう恐怖で震え上がってしまいました。

 

しかし、その頃はもう3時前。さすがに眠気が襲ってきます。

 

「危ない」

 

授業中でも、仕事中でも、運転中でもない。

真夜中のベッドの上という正当な状況でありながら、私は自身の眠気について「危ない」と表現してしまうのです。なんと哀れなんでしょうか。

 

そんなミッドナイトを過ごした私ですが、さすがに眠気に耐えられなくなり

せめてもの贖罪(?)としてもう1本ペットボトルを空けてから眠りにつきました。

 

ー翌朝ー

 

いつも寝起きが壊滅的に悪いのですが、3時に寝たくせに8時にぱっちり目が覚めました。

3度の飯より二度寝が好きなのに、二度寝欲すら失われていました。

 

その瞬間私は「ぜんぶ酒のせいだ」と、JRの冬の広告みたいなことを思います。

 

そしてその最悪な予感は的中してしまいました。

 

どうやら頭が重い、少し痛い。

多少アルコールの味がする。

 

駆け巡る最悪な回想。

トイレにこもり続けて夕方になった日のことや

貧血を引き起こしたあの日や

蕁麻疹を発症したあの日・・・・・。

 

さて、今日はどんな日になるんでしょうか?

 

結論からいって、この日の二日酔いは極めて軽く、オエッともならずにただ眠いだけでした。

まあ結果オーライだったわけです。

 

それでも私の心は晴れていません。

 

今日はたまたま運がよかっただけなのではないか。

いつかまたあの戦慄の二日酔いになるのではないか。

 

そう思わざるをえないのです。

 

人は誰しも、不安を胸に抱えて生きています。

でもみんな、強くたくましく生きています。

雨にも負けず、風にも負けず・・・・。

 

わたしのベスト・オブ・不安は、二日酔いになることです。

でも、私もみんなのように

強く、たくましく生きていきたいと思っています。

 

よろしくお願いいたします。